特別展「上杉景勝と関ヶ原合戦」展示紹介:戦国観光やまがた情報局|山形おきたま観光協議会

戦国観光やまがた情報局
特別展「上杉景勝と関ヶ原合戦」展示紹介

展示番号29『10月8日最上義光書状(東北大学附属図書館)』

を簡単に紹介します。

 

縦9.8僉横130.8僂梁腓さの紙に、

小さい字で長谷堂合戦の経緯や、当時の義光をめぐる状況が細かく書いてあります。

展示では開いていますが、クルクルと巻くと、とても小さな形になります。

 

義光の周辺では、直江勢は撤退するも、予断を許さない状況は続き、

また宛先である秋田実季の周辺は戦闘状態にありました。

その形から、小さくして隠密に届けられたことが窺われます。

 

また、山形から実季の在陣した大森(横手市)まで10日かけて届けられています。

まさに戦場かいくぐって届けられた書状です。

展示室で、その形からそのような緊迫感を感じ取ってみてください。

 

皆さまのご来館を心よりお待ちしております。

 

展覧会詳細はこちら

 

【お問い合わせ】

米沢市上杉博物館  0238-26-8001


2023/06/17 10:47 (C) 伝国の杜 情報BLOG
Copyright (C) 山形おきたま観光協議会 All Rights Reserved. 禁無断転載・複写