お得な上杉文化施設共通入館券「米沢観るパス」4月〜11月までご利用いただけます!:戦国観光やまがた情報局|山形おきたま観光協議会

戦国観光やまがた情報局
お得な上杉文化施設共通入館券「米沢観るパス」4月〜11月までご利用いただけます!

2.7MB - PDF ダウンロード

この度、米沢の主要観光施設6施設中4施設をお得に見学できる
共通入館券を4月1日金曜日より販売利用開始
11月30日までご利用いただけます!

※JR東日本管内お近くのびゅうプラザ窓口
 JTB窓口等での販売
 米沢駅観光案内所、道の駅米沢、下記施設でお買い求めいただけます。
さらに、TOHOKU MaaSでは電子チケットとして購入しスマホで利用できます。


☆上杉の城下町米沢の歴史と文化を堪能したい方にお勧め!
☆最大で500円もお得になります!
☆特別企画!巡歴手拭いスタンプラリー開催!オリジナル手拭いプレゼント!
☆さらに!市内店舗で使用できるお得なおもてなしクーポン
 マップ付き!
☆さらに!4施設を巡ると抽選で米沢のお土産詰め合わせが当たります!

便利にお得に、米沢の観光をお楽しみください!

料金 大人 1,700円
   
利用期間
 令和4年4月1日(金)〜11月30日(水)

見るパスで見学できる6つの施設
◇上杉神社稽照殿
 上杉神社の宝物殿として刀や甲冑などを収蔵、展示
 上杉謙信、景勝、直江兼続公が所有していたといわれる武具、甲冑は必見です。
 

◇米沢市上杉博物館
 上杉ゆかりの品々や国宝を収蔵・展示。
 米沢の歴史と文化をシアターなどでわかりやすく紹介。
 国宝洛中洛外図屏風 原本展示 4/16〜5/15 10/22〜11/20
 

◇上杉家廟所
 国指定の史跡「米沢藩主上杉家墓所」で、家祖謙信公を中心に12代斉定公
 までの廟屋が立ち並び、周囲は厳粛な空気に満たされています。

◇宮坂考古館
 前田慶次が所用していたといわれる甲冑や米沢藩に伝わる
 火縄銃など、上杉家に関する貴重な文化財が収蔵・展示されています。
  
◇東光の酒蔵
 東北一の広さといわれる大きな土蔵には、昔ながらの造り酒屋の様子と
 酒造りの道具などが展示されています。
 上杉鷹山公展 常時開催中

◇春日山林泉寺
 上杉家の菩提寺として越後から移り、上杉氏奥方や
 直江兼続など重臣の墓所となっております。

米沢観るパス 販売窓口
JR東日本管内 お近くのびゅうプラザ
・米沢駅ASK   米沢市駅前1-1-43 JR米沢駅構内 TEL(0238)24-2965
・米沢観光CV協会 米沢市丸の内1-4-13 TEL(0238)21-6226
・道の駅米沢   米沢市大字川井1039-1 TEL(0238)40-8400  
・米沢市上杉博物館 米沢市丸の内1-2-1  TEL(0238)26-8000
・上杉城史苑 米沢市丸の内1-1-22 TEL(0238)23-0700
・上杉家廟所 米沢市御廟1-5-30 TEL(0238)23-3115
・宮坂考古館 米沢市東1-2-24 TEL(0238)23-8530
・東光の酒蔵 米沢市大町2-3-22 TEL(0238)21-6601
・春日山林泉寺   米沢市林泉寺1-2-3  TEL(0238)23-0601



お問合せ
米沢上杉文化施設協議会
米沢観光コンベンション協会  電話0238−21−6226



0バイト - PDF ダウンロード

市内34店舗で使えるお得なクーポンが5枚付いています。
お1人様5施設までご利用可能です!
2022/04/01 10:00:staff

東光の酒蔵東北一の広さといわれる大きな土蔵には昔ながらの造り酒屋の様子と酒造りの道具などが展示されています。上杉鷹山公特別展 常時開催中開館時間 午前9時〜午後4時30分期間中の休館日 なし住所 米沢市大町2-3-22電話 0238−21−6601

2022/04/01 10:31:staff

「米沢市上杉博物館」伝国の杜 数千に及ぶ上杉氏ゆかりの貴重な品々や国宝が収蔵されています。展示室は「常設展示室」と「企画展示室」に分かれていて、常設展示室では上杉の歴史と文化を中心とした「江戸時代の置賜・米沢」を主軸に構成されています。企画展示室では、置賜の歴史、上杉文化など歴史や美術に関する企画展や、郷土ゆかりの作家や作品を取上げた展示を行います。
特別展、企画展、常設展 すべて観るパスで入館できます。
ただし、特別展等の開催されていない常設展のみの期間については
ポストカード3枚プレゼントいたします。

国宝洛中洛外図屏風原本展示 4/16(土)〜5/15(日)  10/22(土)〜11/20(日)

開館時間 午前9時〜午後5時(最終入館4時30分)休館日  毎月第4水曜日(祝祭日の場合は翌日)住所  米沢市丸の内1-2-1電話  0238-26-8001

2022/04/01 10:34:staff

長尾、上杉家の菩提寺として越後から移ってきて上杉氏奥方や直江兼続など重臣各家の墓所となっています。開館時間:午前9時〜午後5時(入館は午後4時30分まで)休館日 毎週水曜日住所 米沢市林泉寺1-2-3電話 0238-23-0601

2022/04/01 10:35

上杉家の宝物が収蔵されている上杉神社稽照殿(宝物館)上杉家伝来の甲冑・刀剣・衣装・絵画など多くの重要文化財を収蔵・展示している。上杉謙信公、景勝公直江兼続所用の甲冑もここで見ることができます。上杉謙信公、上杉景勝公、直江兼続公の甲冑が一同に揃う様は、身震いがするほどの重厚さと気高さを感じさせる。開館時間:午前9時〜午後4時(入館3時45分)住所 米沢市丸の内1-4-13電話 0238-22-3189建物は国の登録文化財設計は米沢出身の建築家 伊東忠太

2022/04/01 10:36:staff

米沢・置賜地方の貴重な資料・文化財約700点を収蔵・展示している博物館です。直江兼続が長谷堂の合戦で着用したといわれる甲冑上杉景勝公の甲冑、前田慶次の甲冑などのほか、米沢藩に伝わる火縄銃など数々の上杉家に関する貴重な文化財が展示されています。上杉家伝来の刀剣と最上川舟運屏風展 開催中(〜11月まで)開館時間 午前10:00〜午後5時休館日 毎週月曜日・祝日の翌日住所 米沢市東1-2-24電話 0238-23-8530 

2022/04/01 10:37:staff

国指定史跡「米沢藩主上杉家墓所」元和9年(1623)3月20日、上杉景勝公逝去の折、当地を廟所とし、御廟将をおいて警護された。以後、12代斉定公まで歴代藩主がこの地に埋葬されている。明治新政府は「破城令」を発し、明治6年、米沢城は解体され、同9年城内祠堂の謙信公尊骸は、当廟所中央に移葬された。家祖上杉謙信公を中心に、12代斉定公までの廟屋が立ち並び境内には樹齢400年を越す老杉が多く、静寂を極めている。米沢市民は「おたまや(御霊屋)」と称している。拝観時間 午前9時〜午後5時休館日なし住所 米沢市御廟1−5−30電話 0238−23−3115

2022/04/01 10:38:staff

2016-10-31 「米沢観るパス」で春日山林泉寺を見学。お堂内では説明員の案内で見学しました。その後、JR東日本のCMで流れています。お堂内は撮影禁止でしたが、CM内では観られます。関連情報:・CMギャラリー「行くぜ、東北。(2016 秋 米沢探訪編)」http://www.jreast.co.jp/ikuze/cm/・2016 秋 CM撮影エピソード(JR東日本CMギャラリー)http://www.jreast.co.jp/ikuze/episode/poster_201611/

2022/04/01 10:39:Ryu1:URL

2022/04/01 10:40:Ryu1

古備前猩々甕創業当時使用していた仕込甕

2022/04/01 10:41:Ryu1

2016-10-31 「米沢観るパス」で上杉神社稽照殿を見学。内部は撮影禁止。鷹山公の「伝国の辞」あり。

2022/04/01 10:42:Ryu1:URL

槽場

2022/04/01 10:43:Ryu1

家紋入り袖樽男紋と女紋

2022/04/01 10:43:Ryu1

「観るパス」で上杉御廟所を見学。当初、越後から運ばれた「謙信公」は、米沢城(現在の上杉神社、上杉謙信祠堂跡)に祀られて、御廟所には景勝公から歴代の藩主が祀られたので御廟所への参道は「景勝公」を正面になっていましたが、明治の頃、上杉神社が祭神として、米沢城本丸跡に建立されました。米沢城解体に伴い、米沢城に安置されていた上杉謙信の遺骸も、明治9年、御廟所へ移されました。さらに「謙信公」を中心に、参道も変更しました。「景勝公」の隣に初代沖縄県令(知事)となった十四代「茂憲公」の記念碑もあります。近くの「廟の隠れ家」で昼食。クーポンを使って「田楽」のサービスあり。

2022/04/01 10:44:Ryu1:URL

麹室床

2022/04/01 10:44:Ryu1

しおり

2022/04/01 10:45:Ryu1:URL

精米

2022/04/01 10:45:Ryu1

作業場

2022/04/01 10:46:Ryu1

2016-9-11 帳場

2022/04/01 10:47:Ryu1:URL

三輪明神御分社

2022/04/01 10:47:Ryu1

エントランス

2022/04/01 10:48:Ryu1

釜場

2022/04/01 10:48:Ryu1

板の間から茶の間

2022/04/01 10:49:Ryu1

2022/04/01 10:50:Ryu1

乙号ポンプ(ドイツ型ポンプ)

2022/04/01 10:50:Ryu1

常設展「上杉鷹山公展」

2022/04/01 10:51:Ryu1

「米沢観るパス」で宮坂考古館を見学。 

2022/04/01 10:52:Ryu1:URL

伝国の杜は、上杉鷹山公が遺した藩主心得「伝国の辞」に由来し、歴史の博物館と舞台芸術を鑑賞するホールの施設があります。米沢市上杉博物館常設展示室では「鷹山シアター」など、見て触れて米沢の歴史を楽しめます。置賜文化ホール舞台芸術を鑑賞する文化ホールです。収容人数は約500名で能の舞台も設備しています。

2022/04/01 10:52:Ryu1

上杉謙信公

2022/04/01 10:54:Ryu1

上杉謙信公墓所

2022/04/01 10:54:Ryu1

上杉謙信公

2022/04/01 10:57:Ryu1

ここに上杉謙信公尊骸が安置されています。

2022/04/01 11:02:Ryu1

中央の謙信公に向かい左手に景勝公と、偶数歴代藩主が並ぶ「景勝公」の隣に初代沖縄県令(知事)となった十四代「茂憲公」の記念碑もあります。今でも沖縄と深い関係を保っています。

2022/04/01 11:03:Ryu1

中央の謙信公に向かい右手に歴代の偶数藩主が並ぶ

2022/04/01 11:04:Ryu1

家祖上杉謙信公を中心に、12代斉定公までの廟屋が立ち並び境内には樹齢400年を越す老杉が多く、静寂を極めている。 

2022/04/01 11:04:Ryu1

上杉鷹山公墓所「なせばなる(やればできる)・・・・」や「伝国の辞」を残しました。現代にも通用する教えです。上杉鷹山公はケネディ米国大統領が尊敬する人物として挙げたことで世界的に有名となりました。(2014)平成26年9月27日、キャロライン・ケネディ駐日米国大使が米沢市を訪れ、「なせばなる秋まつり」会場で「(父・ケネディ元大統領は)『一人でも世の中を変えられる』とよく話していました。」などとスピーチしました。受付に訪問時のキャロライン・ケネディ駐日米国大使 の写真が掲載されています。

2022/04/01 11:05:Ryu1
Copyright (C) 山形おきたま観光協議会 All Rights Reserved. 禁無断転載・複写