上杉家廟所(うえすぎけびょうしょ):戦国観光やまがた情報局|山形おきたま観光協議会

戦国観光やまがた情報局
上杉家廟所(うえすぎけびょうしょ)

当初は城内御堂の避難所として建てられたものですが、上杉景勝没後、米沢藩主代々の墓所となりました。

米沢城解体後の明治9年(1876)、藩祖上杉謙信の墓所を城内御堂より移し、参道正面奥に一間社流造の社殿を造営し祀りました。

御廟所の配列は、中央正面に謙信があり、その向かって左に2代景勝、4代綱勝、6代吉憲、8代宗房、10代治憲、12代斉定の祠堂が並び、中央より向かって右に、3代定勝、5代綱憲、7代宗憲、9代重定、11代治広の祠堂があります。

歴代藩主の廟所が置かれているのは珍しく、昭和59年(1984)国指定史跡となりました。

▼交通:JR米沢駅から車で約10分
    東北自動車道福島飯坂ICから車で約1時間
▼駐車場:有り(無料) 大型バス・自家用車可
▼拝観料:大人200円(150円)高・大150円(120円)小・中100円(80円)
     ※( )は15名以上の団体料金
▼拝観時間:午前9時〜午後5時
▼所要時間:30分
▼休館日:年中無休
▼トイレ利用可
▼案内:ボランティアガイドによる案内可(廟所敷地内無料・予約制)
▼問合せ:上杉家廟所(米沢市御廟1−5−30 TEL0238−23−3115)

▼地図:Google Maps
2007/11/05 16:22 (C) 戦国観光やまがた情報局

真っ直ぐ進んだ一番奥に藩祖「上杉謙信公」が眠っておられます。
2007/11/05 16:23

2007/11/05 16:25

直江兼続の主君「上杉景勝公」の廟所です。
2007/11/05 16:26

御廟所の周りには空掘りが廻らされています。

尚、御廟所周辺の住所ですが「米沢市御廟」として住所表記にも用いられています。
2007/11/05 16:27
Copyright (C) 山形おきたま観光協議会 All Rights Reserved. 禁無断転載・複写