特別展「上杉鷹山の生涯〜藩政改革と家臣団〜」展示紹介ァЮ鏐餞儻やまがた情報局|山形おきたま観光協議会

戦国観光やまがた情報局
特別展「上杉鷹山の生涯〜藩政改革と家臣団〜」展示紹介

開催中の特別展「上杉鷹山の生涯」では、山形大学附属博物館さんからお借りして

小鵜飼船の模型を展示中です。

鷹山の時代に、最上川の上流域で利用された小型船です。普段は同館で常設展示されています。

小さな船ですが、だからこそ浅く川幅の狭い上流域でも利用可能でした。

模型では、帆や船室も丁寧に再現されています。

鷹山の時代と言えば、飢饉、食糧不足のイメージがありますが、実際は多くの年は領内では米は余り気味。

輸送力を強化して領外に米を売り払い、藩の収入にするために、小鵜飼船の導入などが進められました。

重要な輸送拠点だった正部(白鷹町)の船着き場周辺を描いた絵図パネルとあわせて展示中です。

 

展覧会詳細はこちら

 

【お問い合わせ】

 米沢市上杉博物館  0238-26-8001


2021/06/04 09:32 (C) 伝国の杜 情報BLOG
Copyright (C) 山形おきたま観光協議会 All Rights Reserved. 禁無断転載・複写