椿貞雄展 特集 Ю鏐餞儻やまがた情報局|山形おきたま観光協議会

戦国観光やまがた情報局
椿貞雄展 特集

明日から椿貞雄展―椿貞雄と岸田劉生―後期の展示を開催します。

本日から、全4回で椿貞雄が画家としてデビューするまでの道のりを簡単にご紹介します!

 

 峅莢板慊舁困離襦璽帖                                  

椿貞雄は、1896年(明治29年)2月10日、米沢市で土木建築請請負業を生業としていた父英夫と、母たけの3男として生まれました。現在の東部小学校に通っており、高学年頃から絵に興味を持ち始めます。

きっかけは、兄信雄の影響でした。信雄も美術を好み、『白樺』『フュウザン』『現代の美術』等を愛読し、自らも水彩画を描いていました。椿は兄が毎月購読していた『白樺』などで美術についての知識を深め、絵を描くようになるのです。

現在の県立米沢興譲館高等学校に進学すると、絵に没頭するあまり学業がおろそかになり、授業を欠席することもたびたび。秋の景色を逃さず描く為に、2キロ離れた山まで学校を休んで1週間通ったというエピソードもあるくらいです。16歳の時には、青年洋画家有志団体「紫星会」第一回水彩画展に5点の作品を出品しています。

絵を描くことに夢中になった椿少年。学業の方はどうだったのかというと、登校日数が極端に少なくなり、なんと落第してしまいます。この時すでに画家になるという夢はふくらみ、上京を考えていました。

上京するには父親の許しが必要です。椿少年は上京できるのでしょうか…。

 

明日のギャラリートークのご案内です。

7月23日(土)14時から

「椿日記と劉生日記」というテーマで、当館の担当学芸員による展示解説を行います。

皆さまのお越しをお待ちしております。

 

 

お問い合わせ 米沢市上杉博物館 TEL 0238-26-8001

 

 


2016/07/22 15:52 (C) 伝国の杜 情報BLOG
Copyright (C) 山形おきたま観光協議会 All Rights Reserved. 禁無断転載・複写